« お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ! (今日のテーマ) | トップページ | 今更だが・・・2010年秋オールスター感謝祭 データ放送結果 »

2010年10月31日 (日)

Yes!プリキュア5GoGo!感想

かつてTOKYO MXで再放送された「Yes!プリキュア5GoGo!」を見ていたので、今作品を総合した感想を書きたいと思います。

っていうか、今は「フレッシュプリキュア!」が放送していてもう大詰めだっていうのに今頃GoGoの感想書くの遅くないか・・・

まあ、僕の場合遅れ遅れはいつものことなので、とりあえず書きたいと思います。


まず、このGoGoはプリキュア5の続編ということで、いろんな所が継承されている。そして変化もある。変化の1つの例としては、まずは変身シーンだ。
残念ながらGoGoではプリキュアが光って急にプリキュアの服になったという感じが多くて劣化した感じとなっていた。これが1年間続くんだから、もう少し変身にはこって欲しかったな・・・
そういえばMax Heartも光ってプリキュアになりましたっていう感じの変身だったよな・・・
続編モノってこんなネタギレ感覚なものなのだろうか・・・


全体的なストーリーとしては、プリキュア5人などのメインキャラのメイン回が多くて、サブキャラがあまり充実していないところもある。これは5でも言えることだが、これでは毎回出てくるキャストがありきたりで新しい感覚もなかったりする。メリットしては、キャラが少ないことで1人1人のキャラが生きているように出来ていることかな。僕的にはキャラが多い方が好きなんだけどね。まあ、そういう人はハートキャッチ見とけってことでcoldsweats01


このGoGoでは、ウィキペディアによるとシリーズ史上ファンタジー要素が多く書かれているそうだ。
その理由としては、やっぱりシビレッタによる絵本の世界へプリキュア引きずり込むという要素だろう。この話に関してはなかなか楽しめた。プリキュアというのは毎回全員集まって戦うのが決まりだが、この時は数回だが、数人のプリキュアで戦ったというところも評価できる。5人もいる訳なので、たまには2人3人で戦うというのもいいんじゃないか、ってことで期待していたからな。
それに、これは童話が好きな人にとってはかなり楽しめる面かもな。
後はファンタジー要素は、キュアローズガーデンやフローラの存在かな。こういう奴のおかげでファンタジー小説やファンタジーRPGのような感じだったし・・・


そしてGoGoの最大の点でもある新キャラクター「シロップ」
こいつのおかげで元々充実してた5のシナリオ性がさらに深まった。
おねえもシロップが好きみたいで、5シリーズが最高傑作と言ってたし・・・
やっぱり今流行りのツンデレキャラ。こういうのは今の少女漫画には必要なのかな。
僕もシロップのおかげで5より面白い話がかけたんじゃないかと思ってますよ。


それで次は、GoGoで追加された新たな戦士「ミルキィローズ」こいつの存在も賛否両論かな・・・
これもMax Heartの「シャイニールミナス」と同じような扱いだろう。
公式ランキングで、史上最強の戦士と言われたミルキィローズ。こいつの戦闘力は半端ない。最初だけは (ぇ
だって敵の幹部1人やっつけたほどですからね・・・ けどその後からはプリキュア同様毎戦苦戦をする。ポケモンもそうだが、こういう戦い物はそんな仕様になるんだねぇ・・・
扱い的に「プリキュア」と「シャイニールミナス」と結構分離されてるけど、ココは「プリキュアに力を」ってナッツは「ミルキィローズに力を」っていう。これはナッツの出番を出すためにミルキィローズを入れたとしか思えないんだが・・・ ナッツがいなかったらこいつも出なかったんじゃ・・・
まあ、僕はナッツ嫌いだからミルキィローズもいらんがなthink


さっき言ったココの「プリキュアに力を」って時に出てくるプリキュアの武器(?)の「○○フルーレ(キャラによって名前が違う)」何だが、どっからどう見てもガンダムのビームサーベルにしか見えなんだが・・・
しかしこれは武器っていうほどの武器ではなく、バラの攻撃をするための道具にすぎなかった感じ。個人的には武器として振り回して欲しかったんだが・・・
女の子にはあまり向いてないのだろうか、剣術って。


GoGoになって新しいナッツハウスが出来たが、ここに客が入ってきたところなんてあまり見たことないんだが・・・


この「Yes!プリキュア5GoGo!」で気に入った回は「名探偵こまち登場!」と「危ない!ファイブDEチャンス!」ですね。
名探偵こまちはなかなかいい面白かったですね。だって脚本がいつも良作を書いてくれる「清水東」さんですからね(なんでウィキペディアに彼(彼女?)の記事がないの・・・)。
というか元々僕はこういう探偵モノが好きですからね。逆裁ファンと元コナンファンとしては。まあ勿論この回は本物の探偵モノとクオリティは全然下ですけどね。探偵モノをネタにしたコメディーです。・・・にしてもこのこまちは推理完全に外してましたね。おねえが「毛利小五郎みたいだった」って言ってましたし
そして「ファイブDEチャンス」。僕はこういうアニメの中でクイズやゲームをやるっていうのも好きなんですよねhappy01  ムカーディアのズルっぷりもムカつくけど笑っちゃいました(笑)
この回で唯一これまで気に入ってなかったかれんを見直した回でしたからね・・・よくやった、キュアババアかれん。


このアニメの総評としてはキャラの生きっぷりは素晴らしく、各シナリオはメインキャラばかりだが、それぞれの個性を生かしており、新キャラシロップやファンタジー要素などで面白さが増し、前作を上回る面白さとなった。
しかし変身シーンの劣化や戦闘のイマイチさで前作を超せなかった点もあるが、僕は個人的にGoGoの方が好きかな。時には5が好きになる事もあるけど・・・
このGoGoはぶっちゃけ、5の後を書かれたOVA的な物かな。アハハ (ぉ

初代も面白かったが、のぞみたちの活躍もなかなか楽しませていただきました。お疲れ様!のぞみ、こまち (へ


最後に言いますが、最終回直前回は母ちゃんのミスにより録画に失敗し、ネットの動画で見る羽目になりました。畜生・・・
ホント出かけると油断の隙もないんだから・・・

« お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ! (今日のテーマ) | トップページ | 今更だが・・・2010年秋オールスター感謝祭 データ放送結果 »

レビュー関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520592/49692949

この記事へのトラックバック一覧です: Yes!プリキュア5GoGo!感想:

« お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ! (今日のテーマ) | トップページ | 今更だが・・・2010年秋オールスター感謝祭 データ放送結果 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ