« 2011年8月の積みゲー | トップページ | 夏夏夏夏夏!! »

2011年8月 2日 (火)

Wii みんなのリズム天国 感想

2011081214390000


2011年7月21日に発売されたリズム天国シリーズ第3弾

「みんなのリズム天国」

僕はGBA版、DS版とプレイ済みであり、かなりハマったシリーズなので今作も買いました。

発売日に買い、7月末にクリアしたので、感想を書きたいと思います。
(リミックス10まで一通りやってでの感想。エンドレス、エクストラゲーム未プレイ、2人プレイ一通りプレイ済み。)

■従来のシリーズと比較して今回は全体的に難易度が上がっている
親からリズム感に定評のある僕なら歯ごたえのある難易度だったが、これを子どもがプレイすると考えるとちょっとキツイかもしれない。・・・けど、「子どもは出来ない」という考えを持ってはいけない。一部の場では子どものほうがリズム感があると言われてるので、個人差はあるが、大体できるかもしれない。
でも今回は難易度が上がってるのに対し、ゴールドより判定が若干甘くなっている。プレイ後の判定も、比較的平凡が簡単に取れる。
難易度が上がってる理由としては、各ゲームの操作もあるが、全体的に1つ1つのゲームの時間が少し長くなっている。これも据置機にしてボリュームが上がったためだろう。

■据置機にしたため、演出、グラフィックがパワーアップ
画面も大きくなったし、ドッドではなくなったのでかなりきれいになりましたね。
グラフィック面は、ゴールドの時の感想で言った「ぬる~い世界観で評価されがちだが、個人的には好きなタッチではない」と言ったけど、今回はなかなかいいキャラもいた。Wデートのボール蹴ってるほうもイケメンだったし、さかな釣りの女性も可愛かったし (笑)

■音楽や演出は相変わらず中毒性がある
リズムが合っちゃうとなんか中毒性が来たりします。濃い演出もなかなかおもしろかったりします。小学生のクラスの中で今作の音楽と演出が流行ったりするかもしれませんね。そう考えると面白いww
個人的にはこういうくだらなく、バカっぽい演出は好きなのですが、ちょっとこれは人を選ぶでしょう・・・

■2人プレイは良い出来になっている
今回の特徴の1つの2人プレイだが、これはなかなかに面白い。
僕はおねえのデータでおねえと一緒にやったが、結構うまくできて面白かった。
1人プレイより若干判定が甘くなってるし、クリア後の判定も結構ハイレベルが取れる。ハイレベルも全部1発で取れた。
途中で交互に操作するのもあるが、息を合わせるのも楽しい。
問題点である「1人プレイをある程度プレイしないと全部できない」と言うのがあるが、個人的には1人でどんどん練習していってプレイする派なので特に気にならなかった。

■Wiiリモコンの特徴を無理にいかさず、2種類操作にしたのもGOOD
今回の操作は「Aボタンのみ」と「AとBの同士押し」のみの簡単操作。これは取っ付きやすくてよかった。「AとBの同士押しが自信ない」と言ってる人もいたが、そこまで問題になるわけではない。普通に可能。
あと「Wiiで出したんだからWiiリモコンを振る操作が欲しかった」と言ってる人もいたが、もともとWiiリモコンを振ったりポインタを合わせたりする操作も賛否があり、みんながみんな好評してるわけじゃないし、そもそもリズム天国は簡単操作も特徴の1つなので、僕はこれでいいと思う。振って操作するのはずれやすいと思うが・・・

■ボリュームは若干上がってるが、ゲームの内容上、ボリューム不足
「50種類以上の新作ミニゲーム!」と言われていたので、ボリュームたっぷりなのかと期待したら、今回はリミックスと難易度上昇版を除けばたったの28種類。確かにリミックス10までは50種類だが、結局は難易度上昇版で埋める始末。上記で言ったように、ボリューム面もゲームの種類より1つ1つのゲームを長くしている感じ。そのため、ハイレベルやパーフェクト獲得がちょっと大変になったのはあります。この点のボリューム不足は高い難易度でのやりごたえやエンドレスゲームなどで多少のカバーはしてあるけど・・・、個人的にはリミックス12~15まで増やしてほしかったところだな。
エクストラゲームは未プレイだが、4種類しか収録されてなかった。ここも期待点であり、期待しすぎた人には残念に思ったでしょうが、そこまで多く収録されても、初代のありがたみが無くなるので、これはしょうがないと思った。
これで5800円は高いと思いましたね・・・ いろいろなカバーでこの値段で満足してる人もいるでしょうが、僕はパーフェクトコンプやエンドレスゲームなどのやりこみはしないので・・・
ちなみに僕は何故、パーフェクトキャンペーンをしないのかと言うと、「P」の文字が出てるときにミスると大きな音が出るのでそれが心臓に悪いからです・・・。ゴールドよりはだいぶマシになりましたけど・・・

■パーティゲームとしてはちょっと賛否がありそう
今回は「みんなに見てもらいながらプレイする」と言うところもテーマの1つだが、これもいくつかの問題点がある。
まず、プレイ中に周りの人に笑われたり喋られるとリズム感が狂ってミスる事もあり、「うるさい!」「静かにして!」ってことになって盛り上がろうとも盛り上がれない事がある。
喋りながら盛り上がりたいのはわかるが、静かにさせといて相手にも快はないだろう・・・
まあ喋られてリズム感が狂うかどうかは個人差なので、誰もが悪い点になる事はない。
だが私的には集中力に難があるのでこの点は気になった。

■好きなゲーム、苦手なゲーム
好きなゲーム
●くしざし  確か最初に発表されたゲームでしたかな。これは演出的にも音楽もなかなか良いです。しかしフォークに刺さった豆が下に動くのはちょっとエグイ部分もありますが・・・ (笑)
●さる時計 演出、音楽ともに評価できます。時計を使った演出には感動しましたね。肝心のゲーム内容については判定が若干厳しめですが、僕は慣れてうまくできました。
●レスラー会見 超大人気のゲームですね。これは中毒性あります。音楽も面白いですww
●しわけ 発表された時は複雑でできなさそうに思いましたが、結局はアメと虫は交互に来るので対して難しくなかったです。そしてこの音楽が今回のリズ天の中で一番好きw
●悪霊退散 これは発表されてからカッコ良くて鳥肌が立ちましたね。演出が好きです。途中から出てくるあらすじも何気に王道 (笑)
●ロケットゼロ なんかうまくできたので好きですww
●カラテ家 初代リズ天からの定番ですよね!これ超好きです!今回もなかなかキレがあって楽しませてもらいました。曲はゴールドのほうが好きでしたね。

苦手なゲーム
●バトミントン 少し長いし、相手がかなり離れた時に押すタイミングがよくわからない。
●マッスル人形 「ワン、ツー」は簡単だが、「ワンツー!」がいきなりなのでリズムがつかみづらい。
●さかな釣り 黄色い魚の間がちょっと難しいし、一番デカい魚のテンポがよくわからない。釣ってる女性は可愛いんですがねぇ (笑)
●鳥の大群 いつABを押すのががわからなくなって難しい・・・
●コンコンズ リズムの切り替えは難しくないのですが、よくミスります・・・どこが違うんだ?
●ホッサレシーブ リズムが切り替わるのもちょっと難しいし、結構長い・・・
●だいすきRAP これは未だにいつ押せばいいのかがわかりません・・・ 台詞が4種類あるから覚えるのも大変だし・・・
●タップスター 長いし、リズムの切り替わりがちょっと難しい。
●エビおんど 最後のワンテンポずれるのがちょい厄介ですね・・・

まあ、でも結局は慣れたりして苦手なゲームがそうでもなくなることがあるので、これはいろいろ変わったりするでしょうね。

■総合評価(100点中86点)
今回の総評としては名作です。ハイレベル取るのもすごい嬉しいし、2人プレイもいい味してます。
いろんな人にもお勧めできますが、やっぱり人を選ぶ点もあります。
やり方としては、ゴロゴロしながらやる人もいれば、踊りながらやる人もいますが、僕は立ちながらリズムに乗ってやってました。こうやって立ちながらやるのも悪くないっす。
そして、いろんな人が苦戦してるリミックス10、僕は5回でハイレベル取れました!
3回目まではやりなおしくらって、4回目は初っ端からミスったので途中でやめ、5回目でハイレベル取りました。平凡は取ってません。
とにかく今回もかなり楽しませてくれました。しかし、まだ自分のリズ天ブームは終わっていません。
ノリ感130、メダル25でクリアしましたが、メダル50枚目指して頑張ります。
あとネットでの声も気になりますし、ニンテンドーチャンネルもどんなリズ天動画が出るのか気になります!
ゴールドのブーム時はYouTubeやニンテンドーチャンネルなどの充実さがとても楽しかったので、今回のブームも楽しみですな。


~おまけ~
この前、おねえのデータで見事、全部パーフェクトが取れました!
一番最後に残ったのは「リミックス10」でしたね。
これは「なかなかできない・・・」って声がネットであふれているみたいですね。
クリアするの苦労したとおねえは言ってました・・・ もう何時間かかったことやら・・・

リミックス10はこんな順番ででてきます。

※ネタバレなので、見たい人は下をドラッグしてください。

しわけ→エビおんど→重役会議→小さないきもの→Wデート→コンコンズ→くしざし→バトミントン→図書ガールズ→マッチョマン→悪霊退散→鳥の大群→組み立て→組み立てロボット→ホッサレシーブ→ホールインワン→シーソー→さる時計→さかな釣り→バッティング→ロケットゼロ→だいすきRAP→タンバリン→タップスター→コロコロたんけん隊→カラテ家→測定中→レスラー会見→はたらくまんじゅう→エンディング→しわけ

※ここまでです。

噂では、ボタンを押すタイミングは200種類以上あるみたいで・・・
それにこのリミックスはリズムが若干早いし・・・

おねえ曰く、山場だったのは「くしざし」「マッチョマン」「悪霊退散」「だいすきRAP」「タンバリン」「タップスター」「コロコロたんけん隊」「エンディング」と言ってましたね。

くしざしは2連続押しが大変と言ってましたね。
マッチョマンは「ドンドンドーン」ってのがたまに失敗してましたね・・・
悪霊退散は判定が若干が厳しかったですね・・・
だいすきRAP、これが一番の山場と言ってましたね・・・ 他のゲームとリズムがゆっくりになるし、もともと押すタイミングが難しいですからね・・・
後のゲームは一番の山場であるだいすきRAPをクリアして安心してうまくいかないと言ってましたね・・・

こんなもんです。とりあえずだいすきRAPを僕がやってあとはおねえがやってクリアできましたね。いやぁ、すごい嬉しかったですね。

「リミックス10クリアしたら○○して欲しい」と言ってたので、やってあげないとなw

« 2011年8月の積みゲー | トップページ | 夏夏夏夏夏!! »

レビュー関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520592/52372871

この記事へのトラックバック一覧です: Wii みんなのリズム天国 感想:

« 2011年8月の積みゲー | トップページ | 夏夏夏夏夏!! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ