« 第2次スーパーロボット大戦α 感想 | トップページ | 電車での体調管理は無理ゲー »

2012年10月 6日 (土)

テイルズオブザヒーローズ ツインブレイヴ 感想

2012年2月にPSP発売された「テイルズオブザヒーローズ ツインブレイヴ」の感想を書きます。

こちらも良かった点悪かった点を分けて書きたいと思います。
長い期間で思った点をまとめたのでちょっと長くなってしまいますが、大丈夫な方はどうぞ。

良かった点

  • 作戦目的が書かれてるテキストが面白い(シリアスのほうも嫌いではない)
  • 一部のシナリオでたまにパターン化しない展開があったりする。最深部のボスを倒してもまだボスがいたり、参戦ラスボスキャラが全員登場するシナリオがあったり、ボス戦中に新たなボスが参入してきたりなど、そこまでパターン化されまくってるわけでもない。
  • 海賊無双やガンダム無双にはなかったHIT性を用いたのはなかなかの強み。テンション次第で1アタックで3HIT加算されるってシステムも伸ばしがいがある。もっと無双してれば爽快感もあったかな。
  • モードによっては同作品以外のペアを組めるのはよくやったと思う。
  • キャラのポリゴンの等身が上がったのも良い。ポリゴングラもレディアントよりクオリティが上がった。
  • ナレーションがいい味を出している。毛糸のカービィのナレーションは激しく不評(僕は評価してる)だったが、こちらは結構好評みたいだ。シリアスでもコミカルでもおんなじノリで喋るのは笑ってしまう。
  • 今のゲームにとってはお馴染みのゲーム複製の警告でキャラ1人が一言喋るのはキャラゲー魂が伝わる。だがゲーム業界では結構ガチな話だし、その一言もゲーム内の流用なので。ネタにされてる感じなのはちょっと賛否分かれるかも。
  • エンディングのイラストは評判通り最高。僕はイラスト見るのが好きなのでさらに評価。ギャラリーでいつでも見られるのも◎

悪かった点

  • 各キャラの最強武器は1周目での入手はほとんど無理。ロイドのマテリアルブレードとかはロイドの特徴なのに普通に進めても手に入らないのは見た目重視の人には納得いかない。バーサスなら普通にプレイしてたら手に入ったのに・・・
  • ボス時の会話を聞くために戦闘を長引かせることを意識する点も不満かな。すぐ倒すと中間のボイスが聞けなくなることもあるし・・・
  • アクセサリの購入システムはアクセサリが多いんで理解するのも大変だし、買うときは探すなどで少し面倒かも。
  • 魔法使いの雑魚はないでしょ。浮いててなかなか攻撃当たらないし、今回はジャンプの操作性が悪いためウザさが増してるし、パートナーはロクにジャンプしないんでパートナーの攻撃当たらないし、魔法使いの攻撃受けたら必ず仰け反る。せめて浮いて無ければよかったんだが・・・
  • 戦闘準備の際に、その戦闘ではパートナーがいるかいないかはわかるようにしてほしかった。シナリオによっては判断できないこともあるので・・・
  • サウンドテストは一応あるものの、ほとんど戦闘曲しか聴けないのが残念。
  • パートナーに設定できる技が少ない気がする。せめてもう1つあればよかった。
  • 戦闘中に夢中になってシナリオ上のセリフを聞き逃すことがある。せめて通信履歴みたいなのが欲しかったかな。
  • 扉の封鎖なので、仲間が壁につっかえて置いてきざるを得なくなる。対処法としてパートナーアタックや置いてきぼり要素を使えばいいけど、ゲーム性として未完成臭がプンプン(ちょっと気にしすぎかな?)
  • 地雷や宝箱のトラップが自分だけってどゆこと?
  • パートナーシステム、このゲームの醍醐味だが味方が2人いる必要性が感じられない。パートナーは時にコンボ繋ぎの邪魔にもなる。対処法はポーズ画面でパートナーのAIをディフェンスやアシストにすればいいが、今回のAIはシステムが理解しにくいため、なんかスッキリしない。
  • ゴーレムや大剣使いなど、威力が頭のおかしい奴がいる。体力に気を使う必要があるため、爽快感がなくなる。ただでさえ無双と言い切れる作品ではないのに・・・
  • 最後に敵を吹き飛ばす秘奥義→魔法陣系の秘奥義の相性は最悪。
  • たまにパートナーが暴言を発してくる。勝利時に成績が悪かったり、置いてきぼりにした時のセリフはほとんど不快になる。
  • 暴言じゃないけど、自分が1回でもダメージを受けたらパートナーの「大丈夫?」的なセリフが出るのでうっとうしく感じる。ゲームなんだからしょうがないだろうけど・・・(プレイの仕方によっては同じセリフが2連続流れることがあるけどこれはしょうがないかな)
  • 経験値アップアイテムの40ポイントの鉄アイテムと160ポイントの鉄アイテムの見分けがつかないことがある。灰色と銀色の違い、鉄の数の違いがあるんだろうけど、もっと別の色にできたんじゃないかなあ。
  • コミカルシナリオは面白いけど、ノリになれると話がパターン化してあまり楽しめなくなる。コミカルの楽しいピークは2~3人ぐらいかも。
  • あとコミカルはどれも面白いという人がいるが、個人的にはそうでもなかった。ルビアはちょっとな・・・

感想(100点満点中55点)

テイルズのファンゲーとしてはなかなかの出来だが、無双ゲー、アクションゲーとしてはどうも許せない部分もある。純粋にPSPで無双ゲーをやりたい人がこのゲームを取ると別モノ扱いになるって感じなので、その場合は三國無双とかがいいかもしれない。テイルズ1作品2人までしか出さなかったのでバーサスやレディアントにあった作品ひいきがなかったのもいい。けど「このキャラが出てない~(泣)」って犠牲があったのも事実だけど。両者とも解決させるのは難しいだろうな・・・。
評判上バーサス以上レディアント以下と言われてるこのゲームだが、その差はほんの少しだと思う。このゲームもそうだけど、レディアントはテイルズのキャラゲーとしてはいい作品だが、1つのゲームとしては前知識がないと楽しめない感じなのでその辺はレディアントも仕方ないが配慮してない。
僕は常にモンハン持ちでプレイしてましたね。僕の体があまり強くないせいか、長時間やると疲れたりもしたけどw
秘奥義カットインとキャラ選択時の立ち絵は激しく不評だが、個人的にはあまり気にならない。新しいイラストとして使いまわしでないない部分は評価できるし、アンソロジーコミックなどに慣れてると普通に気にならない。
これがテイルズ初となるとオススメはしがたいが、テイルズのノリが好きな人には是非持っておきたい作品ということはある。特典DVDやテイルズフェスのノリが好きな人にはオススメかな。

« 第2次スーパーロボット大戦α 感想 | トップページ | 電車での体調管理は無理ゲー »

レビュー関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520592/55827561

この記事へのトラックバック一覧です: テイルズオブザヒーローズ ツインブレイヴ 感想:

« 第2次スーパーロボット大戦α 感想 | トップページ | 電車での体調管理は無理ゲー »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ