« 星のカービィ64 レビュー | トップページ | 2012年11月の積みゲー »

2012年10月24日 (水)

ポケットモンスター ピカチュウ レビュー

batagiの懐かしゲーム特集 その6

2012101413170000

ストーリー・・・★★☆☆☆
熱中度・・・★★★★☆
グラフィック・・・★★★☆☆
難易度・・・★★★☆☆
ボリューム・・・★★★☆☆
音楽・・・★★★★★
操作性・・・★★★☆☆

100点満点中69点

良いところ

  • 今回は御三家が1データで全部手に入る点は非常に良い。マイナーチェンジ版として赤緑青をやった人でも買う価値はあるし、各作品のポケモン図鑑埋めにも最適となった。
  • 当時では非常に珍しかったゲームボーイでボイスが入っていた所。あらゆるピカチュウの喋る(?)場面で大谷育江さんのボイスが入るのはアニメファンサービスとして◎
  • アニメのシステムを再現したこのゲームだが、ロケット団ムサシコジロウらしきキャラが出たり、ピカチュウが進化を嫌がったりする所などはアニメ好きにはニヤリとくる。
  • レベル100裏技やアイテム無限増殖などのバグが解消された(賛否両論)

悪いところ

  • ジムリーダー強化やイベント戦闘の増加により赤緑青より難易度が上がってる点は人によっては油断できないかも(御三家全入手要素でカバーされてるけど)
  • 十字キー一瞬押しの方向転換の判定はシビアなのは赤緑同様不便だったな(金銀以降で改善済み)
  • 最初にもらえるピカチュウを主力にすると最初のジムリーダーで苦戦を強いられる。それにニビシティまでにゲットできるポケモンはほとんどノーマルやら虫やらの能力でどれも弱点を突かれるので最初のボスで強制的に強敵と化すのはちょっとキツいかも。

感想
ポケモン赤緑にアニメのシステムをある程度再現したマイナーチェンジ版。これでも当時はハマったけど、今考えれば不親切なところがところどころ目立ったかな。なので点数は69点と厳しめ。
これは赤青緑同様言えるんだけど、初代のストーリーはRPGとしてかなり吹っ飛んでいる。(届け物した後に旅に出るとかそんな感じ。)でもまあこのゲームは育成や勝負、音楽などを重視に作ってるからストーリーはあまり重要視してないみたいだけど、ストーリーは存在するんでその評価は★2つにしたってことを今更ながら言っておきますw
熱中度も後にやった銀バージョンよりは劣る感じ。
とまあ感想でいろいろ否定的なことを言ったが、「原作をアニメ寄りにした」という構成は未だにマンネリ化されてない。なので今でもダイパやBWとは違った楽しみ方もある。特に初期ポケモンアニメが好きだった人には是非持っておきたい1品ですな。
余談だけど、良いところであらゆるピカチュウの喋る場面でボイスが出るといったけど、戦闘で技「なきごえ」を使った場合のみ効果音になる。

« 星のカービィ64 レビュー | トップページ | 2012年11月の積みゲー »

レビュー関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520592/55963349

この記事へのトラックバック一覧です: ポケットモンスター ピカチュウ レビュー:

« 星のカービィ64 レビュー | トップページ | 2012年11月の積みゲー »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ