« 2012年12月の積みゲー | トップページ | 星のカービィ 夢の泉デラックス レビュー »

2012年12月 1日 (土)

ドンキーコングGB ディンキーコング&ディクシーコング レビュー

batagiの懐かしゲーム特集 その8

2012101413170001


ストーリー・・・★★★☆☆
熱中度・・・★★★☆☆
グラフィック・・・★★☆☆☆
難易度・・・★★★☆☆
ボリューム・・・★★★★★
音楽・・・★★★☆☆
操作性・・・★★★☆☆

100点満点中65点

良いところ

  • 「3」で倒せなかった敵が今作では倒せたり、画面端の先が壁じゃなくても壁扱いの仕様になったりなど、「3」とは違った新鮮味がある。
  • CMのドンキーコングが可愛かった(笑)。この頃の任天堂のCMの雰囲気は僕好みだったなあ。
  • ゲームボーイの割にはステージ数も多くてボリュームがあったと思う。

悪いところ

  • ゲームボーイのスペックの問題だろうけど、グラフィックや演出は「3」より劣化している。まあ劣化は当然だが、やっぱり半端な気が(例:コースターでミスった時、コースターに乗りながら画面外へ落ちていく)
  • ベアーコインの枚数が保存されず、次に始めたときにリセットされる点は×
  • ゲーム起動から一度目以外のステージの音楽がどの場所も中途半端なところから始まる。何この謎仕様。
  • 「3」で出来た特殊アクションがほとんど廃止されてるため、もともとインパクト性がなかったディンキーがさらに使えなくなっている。完全にディクシーゲーと化してる。
  • 残機はハートの個数で表示されるが、ハート表示のスペースがなくなるとカンストしてしまう。なのに残機は引き続きカウントするとは・・・。やっぱ残機表示は数字でよかったんじゃないかなあ。

感想
上記でさんざん「3」と言ってるけど、これはSFCの「スーパードンキーコング3 謎のクレミス島」の略です。今作はこのスーパードンキーコング3のシステムろいろいろ継承した新作です。これも小さいころハマったなあ。
スーファミながらもグラフィックの良さをウリにしていたスーパードンキーコングシリーズと比較するとやっぱりグラフィックの粗さが気になるところ。
今となっては今作も「3」も前作と前々作と比べると見劣りするけど、当時はその2作を全く知らなかったため、今作はなかなかにハマった。
スーファミの「3」とは全く別物だけど、外出時にドンキーがやりたいって思うならまあオススメかな。面影はなくなってるわけではないし。

« 2012年12月の積みゲー | トップページ | 星のカービィ 夢の泉デラックス レビュー »

レビュー関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520592/56229614

この記事へのトラックバック一覧です: ドンキーコングGB ディンキーコング&ディクシーコング レビュー:

« 2012年12月の積みゲー | トップページ | 星のカービィ 夢の泉デラックス レビュー »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ