« batagiの懐かしゲーム特集! | トップページ | 2012年振り返り 【アニメ編】 »

2012年12月 9日 (日)

動画「陛下と閣下の旅」 感想

【YouTube】  【niconico】


今回はちょっと気分を変えて、動画シリーズの感想を書きたいと思います。
動画シリーズのタイトルは「陛下と閣下の旅」。
まあこれだけ言ってもわかる人はまあ一部だけだと思うので、まずはこの動画の説明をしたいと思います。
ちょっと説明不足な部分があるかもしれませんが、ご了承ください・・・


①「陛下」と「閣下」とは?

まずこの作品のもとになったシリーズは、いつも言ってる僕の大好きな「星のカービィ」です。
カービィは原作はゲームであり、のちに何本かマンガ化もされ、アニメ化もされました。
この「陛下と閣下の旅」では、アニメの世界観を使ったカービィ作品(おそらく非公式)です。
カービィにアニメには「陛下」にゲームでも登場する主要キャラクター「デデデ大王」、「閣下」にアニメオリジナルキャラクターでデデデの側近「ドクター・エスカルゴン」が登場し、この作品では彼らが主人公になり、物語が進みます。


②この動画について

この動画は製作者の216758さんがPCツール「RPGツクール2000」で作ったカービィのRPG作品であり、そのプレイに編集を加えたネタ動画です。
①で言ったようにアニメの世界観を使い、エスカルゴンとデデデがRPGの世界を冒険するのが主な流れで、その中に様々な小ネタが沢山出てきて、分かる人にはかなり楽しめるコメディ的なストーリーです。小ネタで代表的なのは、カービィマンガでも有名なマンガ「星のカービィ デデデでプププなものがたり」が主に多いです。
ストーリーの大まかな流れは、シリーズのゲームのストーリーの再現などではなく、製作者の完全オリジナルストーリーです。
ただPart1の最初の注意書きでも書いてあったように「海賊」というツクールのゲームをもじった部分もあるようなので、完全ではないかもしれませんが・・・


大体のことはお分かりいただけたでしょうか?要はアニメカービィキャラのエスカルゴンとデデデをメインにしたRPGのプレイ動画のようなものです。

僕が一通り見てかなり面白かったので、感想を書きたくてたまらなかったので、感想を書こうと思いました。

それでは感想に入りましょうか。
なるべくネタバレは抑え目で行く方向で頑張ります。


~感想~

①ストーリーについて
まずストーリーはかなり完成度が高い。エスカルゴンとデデデの悪だくみで旅に出るような感じだが、きちんと2人らしさが出ており、違和感を感じることなく動画にはいり込める。
このストーリーは後半になっていくほどシリアスな展開になっていくにも関わらず、キャラ崩壊(一部あり)や世界観崩壊も見られないという、かなり筋は通っているストーリーとなっている。
僕にはこのような良質なストーリー、とても書けませんw

②小ネタについて
小ネタについては、僕には何度も爆笑させられたw
入れるタイミングもかなりいいし、元ネタの再現率もヤバい。
ニコニコでコメント付きで見れば、大体の元ネタを言ってくれるので、ネタが分からず置いてきぼりになるってのは大体軽減されると思う。
特に多かったのは説明②で言ったように「星のカービィ デデデでプププなものがたり(以下:デデププ)」で使われたギャグであり、このマンガを知っている人には何度もニヤリとくる場面がある。僕はこのマンガ、全巻持っているので使われたネタはほとんど分かっていたので見ていて楽しかったです。part2さ後半あたりでデデププのネタが出た時には「アレ?」って思ったら実際にデデププの名前が出てきたし!w。逆にわからないと僕のように愉快な感じにはならないかもしれませんが・・・
他にもレトロゲームのネタやアニメキャラの個性をうまく利用したネタも盛り沢山です。
それと村や町に住んでる住人の肩がきもなかなかに凝ってますね。

③音楽について
ゲームで命なのはやはり音楽。フィールド、戦闘、ボス戦などでいろんな曲があるのはまあ当然ですが、これもネタで包まれていたりしますw。「カービィで流れる物なのか!?」って思って笑ってしまったりw。
そしてこの動画の見どころの1つである、海上での会話では、歌手が歌った曲がいろいろと流れます。実は僕、全体的に流れた曲の8割以上が分からなかったというオチでしたw。
でもなんだかんだで良曲を知るきっかけにもなったり、雰囲気に合わない曲の流れっぷりが逆に好感持てました。

④演出について
RPGツクール2000には様々な機能があってそれをうまく生かしてる点が◎。
アニメカービィの一部のシーンを挿入してうまくツクールの画面に合わせてシンクロさせてる部分も凄いと思った。
例えばアニメカービィにあった「channel,D!D!D!」の後にニュース番組のようにツクールでスタジオに見せかけたり、デデデまみれのCMを流したりとか、ほんとにチャンネルDDDでやってるように見えたのは非常に素晴らしい。(ボーカロイドとかも出てたけどねw)
ゲーム中のテキストもとても良かった。小ネタはもちろん、カービィのネタなら細かい要素まで入れ組んでて、ホントに製作者さんはカービィ全作やってたりとか、アニメやマンガも相当見たんじゃないのかと思ってしまうほどの出来具合でしたよ。
それとこれは終始ずっとあるんだけど、戦闘中にパーティメンバーがダメージを受けた時のボイスがかなり面白いw。シリアスな部分でも流れてて雰囲気ぶち壊しな部分も爆笑モノ!。まあどういうものかというと・・・・・・・・・・・・・それは皆さんでお確かめくださいな。

⑤キャラクターについて
製作者さんが独自で作ったエスカルゴンとデデデのアイコンが結構クオリティ高かったな。カービィとメタナイトは別のサイトの素材らしいですが・・・。
あとRPGでは書かせない町の住人たちだが、この人たちの肩書きが面白いのなんのw。よくここまでいろんな個性が出せた製作者さんには座布団5枚はあげたいところ。(厳しめ?)
カービィのRPGということで、カービィ作品からいろんなキャラクターが出てきて、カービィファンにはもう満足ものである。アニメやマンガでは出来なかったキャラ同士の絡みも沢山あるし(例:エスカルゴンとマンガ版ポピー等)。特にボス関連なら「よく集めたなw」と思わんばかりのオールスター感。これはHAL公式からでもやってほしいような感じですな。
そういえばニコニコのサムネで変なボスがいたので見るのが楽しみでしたね。

⑥ゲーム性としては・・・
序盤はやたら即死フラグが多い気がした。訳の分からないゲームオーバーって笑い要素の1つだけど、市販のゲームでこのような演出だとクソゲー扱いになるからな・・・(しかしこれは気にしない方向で。このような演出は2次創作モノだからこそ許されるものだと思う)
しかし中盤になっていくとストーリー進行が重視される感じになり、即死フラグも減った。これは動画を見てる側にもイライラさせない感じであり、動画のシステムをよく理解している製作者さんは匠と言える。いろんなところで何度もゲームオーバーになっちゃオチが読めて笑えなくなるからね。
ダンジョンの質もいい感じですね。ちょっと個人的な話になりますが、僕も最近RPGツクール2000に手をつけてるんですが、違和感なく作られてるのは凄いと思います。同じくツクールやってる身としてはかなり憧れるセンスだと僕は確信します。正式に出てるRPGと負けず劣らずのマップでしょう。作るの結構大変らしいですからね。
あと途中でシューティングゲームのようなミニゲームがありますが、ツクールでここまで作るのは凄いと思います。だいぶめんどくさいらしいですし・・・。ツクールの作品の大体はこういうミニゲームはないのですが、入れてくれた点は新設感がありますね。
装備もどんどん強い装備が手に入るのもバランスがいいですね。
それとラスダン出現後の最強装備集め要素もあってRPGの陣形をつかめてるのも◎。
ラスボスの演出も気合はいってましたね。

●ちょっと余談
アニメはもう9年位前の作品なので、今見ると古臭く感じるかもしれませんが、この作品は言葉使いも今風に基づいてますね。ただ逆を言えば、ヤング用語も多かったりで、特にニコニコ層ならやたら悪いように反応するようなテキストもあって何か複雑な部分があります。特に今アニメやゲーム作品をいろいろ悩ませてる用語「厨二病」。この動画シリーズでは2度ほどコメントであふれてた所がありましたね・・・。ホントこれ萎えます。普通にネーミングしても厨二厨二言われるとうかつに名前考えられなくて結局は何もできなくなる。この動画シリーズのある場面でデデデが「今どき変にカッコいい名前付けても厨二病と言われるのがオチ」と言ってたけど、変にカッコいい名前付けることって別に悪いことじゃないと思うんだよね。勝手に中二だの厨二とか用語作って悪いように言いまくる人ってまずありえないわ。この時のデデデは今の時代を分かってていいこと言ったと思ったし共感持てたわ。


まあ、話は戻しましょう。ちょっと悪い書き方ですみませんね・・・


⑦総評
アニメ49話の名場面を見てたら関連動画で偶然見つけたこのシリーズ。
ツクールの動画でここまで面白いとは思いませんでした。
見ている側からしては悪いところは全く見つからなかった感じですね。
ゲームタイトルが「星のデデデ(-エスカルゴン-)」になってるにも関わらず、ここまで壮大なストーリーに入れたのは流石と言ったところ。
シリアス部分のテキストもカービィ製作の裏話も入ってたりで雰囲気も出てていろんな展開が出せるのは僕には早々できないでしょう・・・。
ニコニコのコメントのおかげでシリアスな空気もコミカル感があってずっと楽しく見れました!
この動画は言うまでもなく名作です。また自分の好きなシリーズでこのような動画にまた出会いたいですね!
カービィのことをある程度知ってないと楽しめないとかで万人受けはしない動画だと思うけど、とりあえずデデププが好きだった人なら絶対に見ておくべき。
デデププの小ネタは見どころ満載ですぜ。

最後に言うハメになりましたが、RPGツクール2000の作品ですが、配信はされていないようです・・・。まあ、動画の演出的に実際のツクールではあり得ないことが起こりますし、製作者さんも見せ物として一部分一部分を作ったのかもしれませんしね・・・。しかし見ているだけでも楽しかったので僕はこれで満足です。

« batagiの懐かしゲーム特集! | トップページ | 2012年振り返り 【アニメ編】 »

レビュー関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520592/56286328

この記事へのトラックバック一覧です: 動画「陛下と閣下の旅」 感想:

« batagiの懐かしゲーム特集! | トップページ | 2012年振り返り 【アニメ編】 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ