« 今年買った&プレイしたゲームを振り返る(旧作編) | トップページ | 2013年を振り返ろう【遊戯王編】 »

2013年12月30日 (月)

2013年を振り返ろう【アニメ編】

もうあっという間に年末に迫ろうとしていますね。
そろそろ、今年のアニメの自分が見たものについていろいろ書きたいと思います。

・・・まず、今年もそこまでたくさんの作品を見ていたわけではないんですけどね。

まあ見た少ない作品を語れるだけ語ります。

まずは今年始まったアニメで見た作品は・・・

  • ドキドキ!プリキュア
  • プリティーリズム レインボーライブ(数話視聴)
  • 探検ドリランド -1000年の真宝-(数話視聴)
  • ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation(最終回まだ未視聴)
  • 最強銀河 究極ゼロ -バトルスピリッツ-
  • ポケットモンスターXY(数話視聴)
  • ポケットモンスター ジ・オリジン(スペシャル)

そして去年以前から始めって今年も放送してるorしたアニメ

  • 宇宙兄弟
  • 超速変形ジャイロゼッター(数話視聴)
  • アイカツ! -アイドルカツドウ!-(大幅な視聴ブランクあり)
  • プリティーリズム ディアマイフューチャー
  • バトルスピリッツ ソードアイズ(おそらく今年は最終回のみ見た)

んでおまけの再放送

  • 銀河へキックオフ!!

この中で1話も見逃さず見ているのはドキプリ、究極ゼロくらいでしょうか。
宇宙兄弟は見逃した回は皆無ですが、録画番組が間に合っておらず、まだ2、3か月分は見てない状態です・・・
再放送の銀オフは一応今年終わった作品ではありますが、アニマックスでやった再放送を全話見たため、再放送の方へ書きました。

では見たアニメについていくつか感想を書きますか。


まずドキプリ、キャラデザはスイートと同じ人らしい。正直スイートの絵はあまり好きではなかったけど、今回は好きになれましたね。
シリーズ構成も山口亮太さんと僕が好きだった90年代の作品の多くの脚本を書いてるということで結構好印象な回も結構あった感じ。
僕はプリキュアのメインストーリー部分のシリアスな感じはあまり好まない傾向があるけど、今回は割と面白いと感じた。
確かに面白いとは感じるんだけど、結構録画番組に溜まったのが多かったと思う。いや、スマイルのほうが相当溜まってたかな?
スマイルもドキプリも相当溜まるということは、そろそろプリキュアに飽きてきたのかもしれませんな・・・
ハートキャッチの1話から見始めて、そのあと全作品ほぼ全話見てきたけど、もう限界なのかもしれませんね・・・
でも、ツイッターのプリキュア実況は結構好きなのでやはりプリキュア見るのはやめられないのかもしれませんw
大友が反応しそうなキーワードをツイート検索するのも楽しいですしw
最近気に入ったキーワードは、プリキュアが本格的に宇宙適正A(笑)になったことと、まこぴーの新曲回のマクロス展開な所ですかな。
評判上、最終決戦の出来の悪さで一気にドン底評価になったスマイルでしたが、今回はどのような展開になるか、やっぱりセラムンのような熱い展開になるのか。是非見届けておきたいですね。
来年度の「ハピネスチャージプリキュア」ですが、今度こそ10周年記念作品が来ましたね。ドキプリはあくまで10「年目」の作品ですからね!
キャラデザはとりあえずいい感じ。あとは動きと声優が楽しみですな。
個人的にキャスティング傾向を予想するには、今回のドキプリ同様、またアイカツ推しになるかもしれんw




あら、ドキプリの話だけでもかなり長くなってしまった。それだけ毎週分見てる作品はそれだけ言いたいことが沢山あるってことですねw


プリティーリズムは第2期まではかなり見入って当時の個人的No.1を飾ったアニメではあるんですが、今回の第3期から視聴は自重することにした。
まあ土曜朝10時にテレビつける時は大抵これを見てますが、録画はしてませんし、毎週見てないのでストーリーはあまりわかってません。
3期からのキャラ一新に応じて、見るのやめるのも切りが良かったのかもしれませんね。
噂ではこの3期が終わったら菱田監督がこのシリーズを降りると聞きましたが、確かにそれは残念な気もします・・・。「自分たちで大きくした作品はだれにも渡さず自分たちで続けていく」という考えを持ってた方でしたが、潮時を感じたのかもしれませんね・・・
果たして4期はあるのかな?

ドリランド1000年の真宝はフェアリーテイルの後番組で、もともと夜中にやってたアニメの続編みたいですね。プリティーリズムが終わった後ついでに見てた感じですが、キャラデザになんかはまって、ちょくちょく見るような感じになりましたね。
パズドラ効果で衰退気味なドリランドですが、声優もなかなか豪華ですし、僕が知る数少ない男の子ヒーロー向け作品ですので、もう少し見届けておきたいところですね。

ダンガンロンパはまず言っておきますが、ゲーム版はほんの少しプロローグを見たくらいしかやってなく、実質未プレイです。
ゲーム版をやってない方はアニメを見ることはかなり勧められてませんでしたが、今後のプレイ予定はないので、とりあえず見ることにしました。
ゲーム版の再現率がかなり高いらしいですね。同じ作品のゲームとアニメは違和感とかで別モノ扱いされがちでしたが、こちらの忠実な再現はかなり評価されててすごいな~と思いました。
最終回はまだ見てませんが、結末はとりあえず見ないといけませんね!

僕が見るアニメシリーズの中でも結構同じみなパトスピアニメシリーズ。ソードアイズは1クール目は全部見たけど、今年に入ってからはおそらく最終回しか見なかったと思う。まあ、ダン2作と同じような視聴パターンだねw
発表当時はキザクラが気になってみたけど、やっぱり積みゲーとかの都合で見ることができなかった。
んでもって今回の究極ゼロは発表当時、ピンクい髪のヒロインの萌えっぷりが気になって、今作も視聴を始めました。今となってはそのヒロイン、もう意識しなくなってきたようなw
オレの嫁センサーには反応しなかったのかな?w
肝心の内容はソードアイズより訳わからなくなったような・・・
主人公は確かにバトスピ史上これまでになかった最初から優れてる成長型じゃない主人公ってのも新鮮だけどさあ・・・。ああ、そういう主人公も珍しくなくなる感覚ってのも悲しいもんだ。
それとバトル面はカットしまくり!バトスピ分からない僕にとってはあまり気にはならないけど、バシンの悪魔再びって感じだろう・・・
ナレーションがないからハショったターンなにしたかわかんないし・・・。
とりあえずこのアニメは来年になっても視聴は続けるつもりです。
っていうか最初当たりのおたよりコーナーの「一番星のレイ」がホントツボでしたwww
最初からこんなこと中村悠一さんに読ませるんで本編で「一番星のレイ」って言うたびになんか物足りなさを感じてしまうw

ポケモンXYのアニメはベストウィッシュ2の最終回見たり、ゲームやジ・オリジン効果で最初の最初当たりを見た感じですね。
シトロンの正体明かしや最初のジムリーダーの声優が気になったりとかで視聴継続を考えたけど、結局見る気が出ずに最初見ただけでもう見なくなる結果に・・・
それにポケモンの時間は大抵家はVS嵐つけてますからね・・・なかなか見れないんですよ・・・。

そして今年はポケモン赤緑をプレイした層の為に作られたアニメ「ポケットモンスター ジ・オリジン」も見逃せませんな。
僕は当時というほどではないですが、金銀が出る少し前に緑をプレイした経歴はあります。この時プレイした時は全然ストーリーとか理解してませんでしたので、意外な発見とかもいろいろあって楽しかったです。サカキがビジネスでポケモンを悪用してたということを聞いて、いろいろと自分の中でつじつまが合ったりw
なんか今度はストーリーを楽しむために赤緑をやってみたいなあと思ってきた。FR・LGじゃなんかダメな気がする・・・
でも、リメイクが出てるのにオリジナルをプレイするのってなんか性に合わないのが僕の考えだったりするので(ロックマンは除く)とりあえずプレイはしないことにします。
なんか主人公のデザインがリメイク版仕様だったり、XYの宣伝としてメガシンカが出たりとかでオリジナル好きの人には不満の声もあるでしょうけど、僕はこういう構成は嫌いじゃないんですけどね。
個人的にはこの勢いで金銀のためのアニメも作って欲しいです!


では次に去年から始まって今年も放送されたアニメに入りたいと思います。

宇宙兄弟は前述で書いたようにまだ2、3か月分溜まってはいるのですが・・・
ほとんどの人が宇宙飛行士に興味を持つ部分は朝7時ごろの放送でもうやりきったと思うので、現在のあまり知られてないマイナーな訓練で話を引き延ばしてる印象で、多少退屈感が増した気がする。
・・・まあ、それでもストーリー、演出は面白いんですけどね。あれは「小、中学生でも書ける」とは言えないほどの出来で素晴らしいです。
最近見たのではハートの雲に凄い笑いましたwww
最近はビンセント・ホールドというキャラが印象的です。「人生は短い」とかでやたら急がせる人で嫌に思うかもしれませんが、そこは結構僕も否定できないんですよね・・・
相手の発言中に自分が思いついたことをその場で言う。このパターン僕もよくあります。とにかくこれは気を付けるよう頑張ってます。
けど、宇宙兄弟のアニメの感想をネットで見たのですが「ビンセントみたいな人に今のアニメのシリーズ構成をやって欲しい」という意見を何件か見ましたが、これは言いすぎかなあと思いました。

ジャイロゼッターはロボットアニメらしく、キャラも多くてデザインも結構好みだったので、結構遅めだったけど、2クールぐらい過ぎてほぼ毎週見るようになった。
カケルという主人公の名前は、サルゲッチュもそういう名前だったけど、やっぱり僕の中ではライブオンの特権だと思ってるんですよハイ。
主人公の口癖である「絶望的」ですが、僕も何年か前ブログで間違って使ったことがあるので何かと印象的ですw
(12/31追記)こちらも次回予告などに流れるメインテーマは神曲だと思います。流石佐藤直紀さん!

アイカツ、年明けの13話までは毎週見てたのですが、やはりこの時はプリキュアやプリティーリズムに専念したかったのか、20数話分くらいは見なくなりました。
見てた時から思ってたように、30分が長く感じたアニメの1つなので、結構退屈に感じたことがありました。
けど今となってはプリティーリズムは見なくなり、アイカツは毎週見てるという状況になってるという、ホント、僕の少女アニメの趣味はどうなるかわからないもんですなあw
視聴を再開したのは、トライスターのオーディション途中あたりでしたっけ。やはり戦いとかなくてヒーローヒロイン展開が好きな僕には物足りなかったりしますが、やはりシリーズ構成が面白い宇宙兄弟と同じ加藤陽一さんであるためか、読めなかった意外な展開が起こったりで、やっぱり面白いと感じてしまう。
今僕がアイカツで一番のお気に入りキャラは、何かとレギュラーになってるのかなれてないのかイマイチ謎なキャラ「神谷しおん」です。
最初は1話限りのキャラかと思われたけど、メインキャラ2人のユニットの中に入ってそれ以降結構出るようになり、2期のOPでは一瞬だけど移ってるっていう相当出世したキャラとなっています。
ですが、2期に入ってからの異常な吹っ切れよう、CGなしなどからスタッフによる扱いも悪く、その他もろもろの大人の事情によるアイカツ史上最もハイレベルな被害者キャラですが、逆に2期からキャラが変わってから僕はしおんが気に入ったんですけどねw
眉毛の形が僕好みではなかったり、僕の嫌いなサイドリボンなど、気に入らない点もいくつかありますが、やっぱり空白の1年に何があったのかとか、ぽわプリにノリノリなしおんも意外とイケるなど、これじゃやっぱりアイカツで一番気になるキャラになってしまいますよw
正直、しおんの初登場回である14話から見るのやめてしまったのが今となっては後悔するばかりです・・・。せめてここまではリアルタイムで見たかった・・・ッ!(結局その14話はレンタルで見た)
2期に入ってから重要な要素のドリームアカデミーですが、僕はそこのキャラは何とも思ってません。最近時々目立つドリアカ推しですが、そういう回は流し見で、いちご~かえで(&しおん)までのメインキャラのメイン回ならガッツリ見るつもりですが・・・

バトスピソードアイズは今年は最終回くらいしか見てないけど、最終回としての演出としてはなかなか質がいいと思った。ほとんど見てないからか僕の場合感動は半減してるかもしれないけど、バトスピの最終回演出って意外と凝ってると思うんですよね。



ここまで長かったですが、見てくれてありがとうございます。それでは再放送部門へ入りたいと思います。

アニマックスで見たNHKの番組「銀河へキックオフ!!」
夏休みに全話見ちゃおう!っていうアニマックスの企画で全話見させていただきました。
好きになれるキャラも多く、現実味のあるサッカーも出来がかなり良くて、大人の汚さなどもかなり深く書かれてこりゃ名作と言われるのもわかると思ったいい作品でした。
後期EDがかなりインパクトあり、ヒロインのエリカちゃんが思ったより可愛くて相当印象深い点も評価できます。それに家では親がいる時は何気に見入ってくれたりとかでやっぱ楽しい作品なんだな~と改めて実感された作品でした。
リアルタイムにちらっと見たときに気になってた西園寺玲華ですが、最初から見ると動きが僕の気に入らないどっかのアニメのぶりっこ妖精みたいな感じなので全然気に入りませんでした。ですが、玲華の覚醒後は違います!大友にも人気ありそうですしw、彼女の意外な才能には盛り上がりもありました。
39話と短いと思われがちですが、約50話見るのも正直きつく感じてる僕には一応評価点です。名作ですので、埋もれるのはもったいないです。是非いろんな人に見て欲しい!



~おまけ~
おまけ入れます。これがホントのホントに最後です。
「今年見たアニメで僕が最も反応したキャラ」を作品ごとに書きます。
どうでもいいことかもしれませんが、僕の読み返しの為には面白いかもしれませんので書きます。ご了承ください。

①ドキドキ!プリキュア:菱川六花、レジーナ
②探検ドリランド -1000年の真宝-:雷蝶花フェイリン、ハルカ
③最強銀河 究極ゼロ -バトルスピリッツ-:ライラ・エイプリル、マレーネ
④ポケットモンスター ジ・オリジン:レイナ
⑤超速変形ジャイロゼッター:稲葉りんね、月里光、ハルカ、轟奈々子
⑥アイカツ! -アイドルカツドウ!-:北大路さくら、神谷しおん、りおん(42話登場)
⑦銀河へキックオフ!!:高遠エリカ、西園寺玲華(26話~)、太田紗





以上が僕なりの今年見たアニメの振り返りです。去年と違い今年は見たアニメをほぼ全て書いたので、相当な量ですが、是非皆さんが見たアニメの感想があれば、見ていただければ幸いです。
次の振り返りは遊戯王です、次の記事で今年の更新を締めたいと思います!少なくとも今回の記事よりは短くなるはずですw

え?何故カードゲームは遊戯王でアニメはバトスピなのかって?
遊戯王はジャンプ形式の引き伸ばしもありますし、遊戯補正が強いので最近のは面白く感じないんです・・・。まだ舞台の町で平和に暮らしていろんなコミカル回が多いバトスピシリーズやライブオンのアニメが好きなんですよ。今のバトスピはまあ冒険モノですがw

« 今年買った&プレイしたゲームを振り返る(旧作編) | トップページ | 2013年を振り返ろう【遊戯王編】 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520592/58843979

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年を振り返ろう【アニメ編】:

« 今年買った&プレイしたゲームを振り返る(旧作編) | トップページ | 2013年を振り返ろう【遊戯王編】 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ